ITパスポート平成30年春期 問96

問96

先入れ先出し(First-In First-Out,FIFO)処理を行うのに適したキューと呼ばれるデータ構造に対して"8","1", "6","3"の順に値を格納してから,取出しを続けて2回行った。2回目の取出しで得られる値はどれか。

分類

テクノロジ系 » アルゴリズムとプログラミング » データ構造

正解

解説

FIFO(First-In First-Out,先入れ先出し)は、その名の通り、先に入れたものから順に取り出していく処理です。

データの格納順は"8"、"1"、"6"、"3"ですので、取り出し順も"8"、"1"、"6"、"3"になります。つまり2番目の取出しで得られる値は、2番目にキューに格納された1です。よって「ア」が正解です。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop