ITパスポート平成30年春期 問97

問97

ディジタルフォレンジックスの目的として,適切なものはどれか。
  • 自社システムを攻撃して不正侵入を試みるテストを実施して,脆弱性を発見する。
  • 情報漏えいなどの犯罪に対する法的証拠となり得るデータを収集して保全する。
  • ディジタルデータに対して定期的にウイルスチェックを行い,安全性を確認する。
  • パスワード認証方式からバイオメトリクス認証方式に切り替えて,不正侵入のリスクを低減する。

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ対策・実装技術

正解

解説

ディジタルフォレンジックスは、不正アクセスや情報漏えいなどのセキュリティインシデントの発生時に、原因究明や法的証拠に必要となる電子的記録を収集・解析することをいいます。フォレンジックス(forensics)には、「科学捜査」や「法医学の 〜」という意味があるため、直訳すれば「電子科学捜査」となります。フォレンジックスのプロセスは、収集→検査→分析→報告の基本的なフェーズで構成されます。

したがって「イ」が適切な記述です。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop