ITパスポート平成30年春期 問98

問98

A社では紙の顧客名簿を電子化して,電子データで顧客管理を行うことにした。顧客名簿の電子データからの情報漏えいを防ぐ方法として,適切なものはどれか。
  • データにディジタル署名を付与する。
  • データのバックアップを頻繁に取得する。
  • データをRAIDのディスクに保存する。
  • データを暗号化して保存する。

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ対策・実装技術

正解

解説

組織の情報資産のうち、業務情報に関しては暗号化することが望まれます。データを暗号化することにより、万一、それらのデータを格納した電子媒体(パソコン本体あるいは CD/DVD/HD/USBメモリ等)を盗まれたり、紛失したりしても、大切なデータをある程度、情報漏えい事故から保護することができるからです。顧客情報に関しては個人情報ですので、個人情報保護の観点からも安全管理措置をとることが求められます。

管理している電子データの漏えいを防ぐには暗号化が最善かつ唯一の策です。したがって「エ」が正解です。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop