ITパスポート平成31年春期 問14

問14

技術と経営の両面に精通し,組織横断的な事業推進能力を兼ね備えた人材を育成するプログラムが大学などの教育機関で開講されている。このような教育プログラムの背景にある,技術に立脚する事業を行う組織が,技術がもつ可能性を見極めてイノベーションを創出し,経済的価値の最大化を目指す経営の考え方を表すものとして,最も適切なものはどれか。

分類

ストラテジ系 » 技術戦略マネジメント » 技術開発戦略の立案・技術開発計画

正解

解説

MOT(Management Of Technology)は、技術経営とも呼ばれ、技術開発の成果によって事業利益を獲得することを目的とした経営手法です。イノベーションの創出を経営の立場から推進し、技術資産を豊富に蓄えることで市場における競争力を強化し、事業の持続的な発展を目指します。

設問中の「イノベーションを創出」「経営の考え方」などの語句からMOTであると判断できます。したがって「エ」が正解です。
  • Business Process Reengineeringの略。既存の組織やビジネスルールを抜本的に見直し、職務、業務フロー、管理機構、情報システムなどを再設計する手法です。
  • Corporate Social Responsibilityの略。企業活動において経済的成長だけでなく、環境や社会などのステークホルダからの要請に対し、責任を果たすことが、企業価値の向上につながるという考え方です。企業の社会的責任という意味を持ちます。
  • Human Resource Managementの略。従業員を経営上の重要な資源と位置付け、長期的な計画に基づき、戦略的に育成や活用を図る管理手法です。
  • 正しい。MOT=技術経営と覚えましょう。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop