ITパスポート平成31年春期 問34

問34

商品の販売数が700個のときの営業利益は表のとおりである。拡販のために販売単価を20%値下げしたところ,販売数が20%増加した。このときの営業利益は何円か。ここで,商品1個当たりの変動費は変わらないものとする。
34.gif/image-size:214×162

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » 会計・財務

正解

解説

営業利益を求める式は「売上高−(変動費+固定費)」です。固定費は一定なので、拡販後の売上高と変動費がわかれば、拡販後の営業利益が求められます。

まず、商品の販売数が700個のとき、売上高が700,000円なので、商品1個当たりの販売単価は、

 700,000円÷700個=1,000円

とわかります。そして、商品の販売数が700個のとき、変動費が140,000円なので、商品1個当たりの変動費は、

 140,000円÷700個=200円

とわかります。

拡販後は、販売単価を20%値下げして販売個数が20%増加したので、販売単価と販売個数は次のように変化します。
  • [販売単価] 1,000円×0.8=800円
  • [販売個数] 700個×1.2=840個
売上高は「販売単価×販売個数」で求められるので、拡販後の売上高は、

 800円×840個=672,000円

になります。商品1個当たりの変動費は変わらないので、拡販後の変動費は、

 200円×840個=168,000円

以上より、拡販後の営業利益は、

 672,000円−(168,000円+300,000円)=204,000

したがって「イ」が正解です。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop