ITパスポート平成31年春期 問47

問47

アジャイル開発の特徴として,適切なものはどれか。
  • 大規模なプロジェクトチームによる開発に適している。
  • 設計ドキュメントを重視し,詳細なドキュメントを作成する。
  • 顧客との関係では,協調よりも契約交渉を重視している。
  • ウォータフォール開発と比較して,要求の変更に柔軟に対応できる。

分類

マネジメント系 » ソフトウェア開発管理技術 » 開発プロセス・手法

正解

解説

アジャイル開発は、顧客の要求に応じて、迅速かつ適応的にソフトウェア開発を行う軽量な開発手法の総称です。開発プロジェクトを数週間程度の短期間ごとに区切り、その期間内に分析、設計、実装、テストの一連の活動を行い、一部分の機能を完成させるという作業を繰り返りながら、段階的に動作可能なシステムを作り上げる開発モデルです。
アジャイル開発の例として、XP(エクストリームプログラミング)があります。
  • アジャイル開発は、人と人とのコミュニケーションを重視していて、一般的に10人以下のチームに向くとされています。大規模なプロジェクトチームになるとコミュニケーションコストが加速度的に増大するため、アジャイル開発は適さないとされています。大規模プロジェクトには、プロジェクト管理を行いやすいウォータフォール型が適しています。
  • 仕様書を詳細に作り込むほど変更コストが大きくなるので、柔軟な計画変更を前提とするアジャイル開発では詳細なドキュメントは要求されません。また、必要のないドキュメントは作成されません。
  • アジャイル開発では、開発者と顧客の協業を重視し、様々な要因により変わっていく要求や仕様について、開発者と顧客が密にやり取りを行います。開発者と顧客が同一の場所で作業できる環境を理想としますが、それができない場合はチャットのようなリアルタイムにコミュニケーションをとれるツールの使用や、対面での会話を増やすことが推奨されています。
  • 正しい。アジャイル開発は、小さな単位での開発サイクルを繰り返すので計画を柔軟に変更できます。一方、ウォータフォール開発は、原則として手戻りを想定していないため、途中で変更を行うと大幅な追加作業が生じる可能性があります。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop