ITパスポート平成31年春期 問96

問96

Webサーバ上において,図のようにディレクトリd1及びd2が配置されているとき,ディレクトリd1(カレントディレクトリ)にあるWebページファイル f1.html の中から,別のディレクトリd2にあるWebページファイル f2.html の参照を指定する記述はどれか。ここで,ファイルの指定方法は次のとおりである。

〔指定方法〕
  • ファイルは,"ディレクトリ名/…/ディレクトリ名/ファイル名"のように,経路上のディレクトリを順に"/"で区切って並べた後に"/"とファイル名を指定する。
  • カレントディレクトリは"."で表す。
  • 1階層上のディレクトリは".."で表す。
  • 始まりが"/"のときは,左端のルートディレクトリが省略されているものとする。
96.gif/image-size:122×94

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » ファイルシステム

正解

解説

階層型ディレクトリでファイルパスを指定する方法には以下の2つがあります。
絶対パス
階層の最上位のディレクトリを基点として、目的のファイルやディレクトリまで、全ての経路をディレクトリ構造に従って示す。
相対パス
現在作業を行っているディレクトリを基点として、目的のファイルやディレクトリまで、全ての経路をディレクトリ構造に従って示す。
本問では、相対パスによるファイル指定が問われています。

ファイル"f1.html"は、d1の配下にあるので、d1→ルート→d2 という経路でディレクトリをたどる必要があります。この順に沿ってパスを考えます。
  1. d1から見るとルートは1階層上に位置するので、d1からルートを指定するパスは「../」になります。
  2. d2はルートの配下にあるので、d1からd2を指定するパスは、1.の「../」に"d2"を加えた「../d2」になります。
  3. ファイル"f2.html"は、d2の配下にあるので、"f1.html"の文書内で"f2.html"を参照するために記述すべきパスは「../d2/f2.html」になります。
したがって「ウ」が適切です。
96a.gif/image-size:169×111
なお、ルートからの絶対パスで記述した「/d2/f2.html」でも問題ありませんが、選択肢にはありません。
  • d1配下のd2に存在するf2.htmlを参照するパスです。※図中には存在しません。
  • d1配下のf2.htmlを参照するパスです。※図中には存在しません。
  • 正しい。
  • このパスでは、どのファイルも参照できません。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop