ITパスポート平成31年春期 問95

問95

関係データベースの操作を行うための言語はどれか。

分類

テクノロジ系 » データベース » データ操作

正解

解説

SQLは、関係データベースを操作するためのデータベース言語です。表の定義やアクセス権の付与、データの検索・追加・更新・削除、トランザクション管理などの操作を指示する命令があります。ITパスポート試験ではSQLの構文が問われることはありませんが、用語だけは覚えておく必要があります。
//SQL文の例
SELECT 氏名 FROM 社員, 部署
 WHERE 社員.部署コード = 部署.部署コード
 AND 社員.住所 <> 部署.所在地
  • Frequently Asked Questionsの略。何回も繰り返し質問される項目とその質問への回答をまとめたものです。
  • 正しい。SQLは、関係データベースを操作するための言語です。
  • Secure Sockets Layerの略。通信の暗号化、ディジタル証明書を利用した改ざん検出、ノード認証を含む統合セキュアプロトコルです。SSLには仕様上の脆弱性があるため現在では使うべきではありません。SSLを基に開発された後継規格であるTLSを使用すべきです。
    以前の名残りで「SSL証明書」や「SSLアクセラレータ」などの名称が使われ続けているものもありますが、実際はTLSで実装されています。
  • Unified Modeling Languageの略。ソフトウェア開発の設計段階で用いられる図表群です。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop