ITパスポート 平成29年秋期 問5

問5

ソーシャルネットワーキングサービスの利用事例はどれか。
  • 登録会員相互のコミュニケーション及び企業と登録会員のコミュニケーションの場や話題を提供することで,顧客のブランドロイヤルティを向上させる。
  • 電子会議や電子メール,ワークフロー支援機能などを利用することで,メンバ間の共同作業を効率化する。
  • ネットオークションで売り手と買い手の仲介を行うことで,取引の安全性を向上させる。
  • ネットワークを経由して必要とするソフトウェアの機能を必要なときに利用することで,コストの削減を行う。

分類

ストラテジ系 » システム戦略 » 業務プロセス

正解

解説

ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)は、インターネット上に社会的なネットワークを構築するサービスです。
昨今のSNSの普及を背景に企業の大小を問わずマーケティングにSNSを活用する動きが広がっています。特に会員登録型のコミュニティサイトでは、個人や企業が相互に繋がり交流を深めることにより共感関係が築かれていきます。この効果により顧客のブランド価値を向上させ、最終的に顧客を囲い込むことを目的としています。
  • 正しい。SNSの利用事例です。
  • グループウェアの利用事例です。
  • エスクローの利用事例です。
  • SaaS(Software as a Service)の利用事例です。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop