ITパスポート 平成29年秋期 問6

問6

社内でPDCAサイクルを継続的に適用するという方法によって,製造部門における歩留りの向上を実現した。この事例が示すような業務改善の考え方を示す用語はどれか。

分類

ストラテジ系 » システム戦略 » 業務プロセス

正解

解説

BPM(Business Process Management)は、BPRのように1回限りの革命的・抜本的な改革ではなく、組織が繰り返し行う日常業務のなかに、継続的なビジネスプロセス発展の仕組みを取り入れる管理手法です。他のマネジメントプロセスと同様に「計画」→「業務の実行」→「業務の監視」→「業務の見直し」というPDCAサイクルを繰り返して持続的な業務改善活動を行います。

「業務改善」および「PDCAサイクルを継続的に適用」という記述からBPMの説明と判断できます。したがって正解は「イ」です。
  • Application Service Providerの略。主に業務用のアプリケーションをインターネットを通じて、顧客にレンタルする事業者です。
  • 正しい。
  • Business Process Outsourcingの略。業務効率の向上や業務コストの削減を目的に、対象の業務プロセスをまるごと外部委託することです。
  • Sales Force Automationの略。営業活動にICT技術を活用し、営業の質と効率を高めようとする考え方です。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop