ITパスポート 平成29年秋期 問7

問7

財務分析によって得られる指標とその値に関する記述a〜cのうち,適切なものだけを全て挙げたものはどれか。

  1. 自己資本比率は,数値が大きいほど財務の安全性が高いと考えられる。
  2. 総資産回転率は,数値が大きいほど総資産の回転期間が長くなると考えられる。
  3. 流動比率は,数値が小さいほど支払能力が高いと考えられる。

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » 会計・財務

正解

解説

3つの財務指標は次のような意味をもちます。
自己資本比率
「純資産÷総資本」で計算される、総資本(負債+自己資本)に対する自己資本の割合。自己資本比率が大きいほど負債(借金)が少ないことになり健全な経営であると判断されます。
総資本回転率
「売上高÷総資本」で計算される、総資本(負債+自己資本)に対する売上高の割合。総資本回転率が大きいほど資産を有効活用して売上高を獲得していることになり、効率的な経営体質である判断とされます。
流動比率
「流動資産÷流動負債」で計算される、流動負債に対する流動資産の割合。流動比率が大きいほど組織の短期支払い能力は高いと判断され、100%を下回ると支払い能力に不安があるとされます。
これを踏まえて各記述の正誤を考えます。
  1. 正しい。自己資本率が大きいほど財務の安全性は高いと判断されます。
  2. 誤り。総資産回転率の数値は一定期間における回転数なので、値が大きくなれば一回転に要する期間は短くなります。
  3. 誤り。流動比率が大きいほど短期支払い能力は高いと判断されます。
適切な記述は「a」のみです。したがって[ア」が正解です。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop