ITパスポート 平成30年秋期 問10

問10

コーポレートガバナンスに基づく統制を評価する対象として,最も適切なものはどれか。
  • 執行役員の業務成績
  • 全社員の勤務時間
  • 当該企業の法人株主である企業における財務の健全性
  • 取締役会の実効性

分類

ストラテジ系 » 法務 » その他の法律・ガイドライン

正解

解説

コーポレートガバナンス(Corporate Governance)は、企業の目的に適合した経営が行われるように、経営を統治する仕組みのことです。日本語では「企業統治」と呼ばれます。
コーポレートガバナンスには、経営者や取締役会による企業の経営について利害関係者が監視・規律することで「企業の収益力の強化」と「企業の不祥事を防ぐ」という2つを達成する目的があります。

コーポレートガバナンスの規律・監視の対象は、経営を役割・責務とする経営者及び取締役会です。したがって「エ」が適切です。

日本取引所グループが公開し、日本におけるコーポレートガバナンスを先導する指針となっている「コーポレートガバナンス・コード」では、取締役会等の責務として「取締役会は、取締役会全体としての実効性に関する分析・評価を行うことなどにより、その機能の向上を図るべきである。」としています。
© 2009-2018 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop