ITパスポート 平成30年秋期 問8

問8

小売業A社は,自社の流通センタ近隣の小学校において,食料品の一般的な流通プロセスを分かりやすく説明する活動を行っている。A社のこの活動の背景にある考え方はどれか。
  • CSR
  • アライアンス
  • コアコンピタンス
  • コーポレートガバナンス

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » 経営・組織論

正解

解説

CSR(Corporate Social Responsibility)は、「企業の社会的責任」と訳され、環境や社会などのステークホルダからの要請に対して責任を果たすことが、企業価値の向上につながるという考え方です。企業も社会を構成する一市民としての義務を負うべきとする考え方に基づいています。
CSRに基づく活動は、法令順守、環境活動、地域社会への貢献、ステークホルダとのコミュニケーションなど多岐にわたります。

設問の事例は、施設周辺の地域社会を大切にし、関係性を深め、自ら貢献しようとする活動ですのでCSR活動に該当します。したがって「ア」が正解です。
  • 正しい。
  • アライアンスは企業同士の連携を表す言葉です。企業合併や資本提携、販売提携など連携の強さもスタイルも様々なものがあります。
  • コアコンピタンスは、長年の企業活動により蓄積された他社と差別化できる、または競争力の中核となる企業独自のノウハウや技術のことです。
  • コーポレートガバナンスは、経営者の規律や重要事項に対する透明性の確保、利害関係者の役割と権利の保護など、企業活動の健全性を維持する枠組みです。「企業統治」とも訳されます。
© 2009-2018 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop