ITパスポート試験 用語辞典

SR【Substitutional Reality】
過去に録画された映像を視聴することによって、その時代のその場所にいたかのような感覚が得られるようにする技術の総称。
別名:
代替現実
分野:
テクノロジ系 » マルチメディア » マルチメディア応用
(シラバス外)
重要度:

(Wikipedia 代替現実より)

代替現実(だいたいげんじつ、Substitutional Reality、SR)とは、現実の世界と過去の映像を混同させて、本来実在しない人物や事象が実時間・実空間に存在しているかのように錯覚させるシステム。

概要

ヘッドマウントディスプレイに現在の実映像と同じ場所で撮影した過去映像とを織り交ぜ、さしかえ (substitute)て表示することにより、被験者は、現実の映像と過去の映像の区別ができずに結果的に、実空間と過去の空間あるいは虚構の空間の間を往来させることができる。

「マルチメディア応用」に属する用語
「マルチメディア」の他の分野
「テクノロジ系」の他のカテゴリ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このページのWikipediaよりの記事は、ウィキペディアの「代替現実」(改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、このページ内の該当部分はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスの下 に提供されています。

© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop