HOME»ITパスポート用語辞典»ストラテジ系»シェアリングエコノミー

ITパスポート試験 用語辞典

シェアリングエコノミー【Sharing Economy】
物やサービスを所有するのではなく、インターネット上のプラットフォームを介して個人と個人の間で使っていないモノ・場所・技能などを貸し借り・売買することによって、共有していく経済の動きのこと。貸主は遊休資産の活用による収入が得られ、借主は購入や維持にかかわるコストを削減できる利点がある。
カーシェアやライドシェア、民泊のマッチングサービス、フリマアプリ、クラウドソーシング、クラウドファンディングなどが代表的な存在である。
別名:
共有経済
分野:
ストラテジ系 » システム戦略 » 業務プロセス
重要度:

(Wikipedia 共有経済より)

共有経済(きょうゆうけいざい、Sharing economy)は、共有の社会関係によって統御される経済を指す。シェアリングエコノミーと表記されることもある。

概要

モノやサービスなどの資源を共同で利用し、人間関係を作り出し、コミュニティの運営としても働く。広義には贈与や相互扶助も含まれる。ネット上での共有経済としてはFLOSS(オープンソースソフトやフリーソフト)が存在し、初期のプロジェクトとしてはGNUプロジェクトがある。

共有経済は資源を有効活用するための商業サービスと結びつく場合があり、交通機関におけるカーシェアリング、労働環境におけるコワーキング、金融におけるクラウドファンディングなどの事業が行われている。

アクセンチュアによると、シェアリング・エコノミーやアイドリング・エコノミーを包含する概念として、「サーキュラー・エコノミー (Circular Economy)」がある。「原材料の循環」「資源再生」「製品寿命の延長」「所有からシェアへの転換」「製品のサービス化」の方法論に整理され、それはクラウドコンピューティングやモノのインターネットによって支えられている。従来のサステナビリティやリサイクルとの違いは、これ自体が経済合理性に見合っているところである。

共有経済の例

  • 里山
  • 相乗り - ヒッチハイク
  • 入会地
  • ウィキペディア
  • シェアハウス
  • レンタカー - カーシェアリング
  • ワークシェアリング
  • 協同組合
  • クラウドファンディング
  • クリエイティブ・コモンズ
  • コモンズ - ローカル・コモンズ
  • コワーキング
  • FLOSS(GNU、Linuxなど)
  • フラクショナル・オーナーシップ
  • プロジェクト・グーテンベルク
  • ホームエクスチェンジ
  • SETI
  • レンタサイクル
「業務プロセス」に属する用語
「システム戦略」の他の分野
「ストラテジ系」の他のカテゴリ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このページのWikipediaよりの記事は、ウィキペディアの「共有経済」(改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、このページ内の該当部分はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスの下 に提供されています。

© 2009-2021 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop