ITパスポート試験 用語辞典

BPR【Business Process Reengineering】びーぴーあーる
既存の組織やビジネスルールを抜本的に見直し、職務、業務フロー、管理機構、情報システムを再設計する手法、または組織構造や情報システムを首尾一貫したビジネスプロセスへ再統合し、効率や生産性を劇的な改善を目指すこと。
分野:
ストラテジ系 » システム戦略 » 業務プロセス
出題歴:
21年春期問20 28年秋期問2 
重要度:

(Wikipedia ビジネスプロセス・リエンジニアリングより)

ビジネスプロセス・リエンジニアリングBusiness Process Re-engineering、BPR)とは、企業活動や業務の流れを分析し、最適化することである。

概要

  • 高度に専門化され、プロセスが分断された分業型組織を改革するため、組織やビジネスルールや手順を根本的に見直し、ビジネスプロセスに視点を置き、組織、職務、業務フロー、管理機構、情報システムを再設計し、最終的顧客に対する価値を生み出す一連の改革。

起源

  • この考え方は、元マサチューセッツ工科大学教授のマイケル・ハマーと経営コンサルタントのジェイムス・チャンピーが1993年に出版した著作「Reengineering the Corporation: A Manifesto for Business Revolution」により世界的に広まった。

分析手法

  • 活動基準原価計算(ABC)

「活動(Activity)単位」に業務プロセスを分類して各々のコストを算出する。活動を構成する作業が、情報システムによって抜本的に刷新されれば、コスト削減効果として数値化できる。

例:コスト=人及び設備の時間単価×時間×回数

  • バランスト・スコアカード(BSC)

企業や組織のビジョンと戦略を、4つの視点から具体的なアクションへと変換して計画・管理し、戦略の立案と実行を支援するとともに戦略そのものも市場や環境の変化に合わせて柔軟に適合させるための経営戦略立案・実行評価のフレームワーク。

出題例

BPRに関する記述として,適切なものはどれか。
  • 業務の手順を改めて見直し,抜本的に再設計する考え方
  • サービスの事業者が利用者に対して,サービスの品質を具体的な数値として保証する契約
  • 参加している人が自由に書込みができるコンピュータシステム上の掲示板
  • 情報システムを導入する際に,ユーザがベンダに提供する導入システムの概要や調達条件を記述した文書

正解

「業務プロセス」に属する用語
「システム戦略」の他の分野
「ストラテジ系」の他のカテゴリ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このページのWikipediaよりの記事は、ウィキペディアの「ビジネスプロセス・リエンジニアリング」(改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、このページ内の該当部分はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスの下 に提供されています。

© 2009-2022 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop