ITパスポート試験 用語辞典

信頼性【Reliability】しんらいせい
情報セキュリティマネジメントの付加的な要素で、情報システムによる処理に欠陥や不具合がなく、期待した処理が確実に行われている特性のこと。システムのバグを改修したり、故障にしにくい部品を使って正常動作の維持を図ったりすることで確保される。
JIS Q 27000では「意図する行動と結果が一貫しているという特性」と定義されている。
分野:
テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ管理
(シラバスver4.0)
重要度:

(Wikipedia 信頼性より)

信頼性(しんらいせい、 英:Reliability)は、JIS-Z8115:2000『信頼性用語 (Glossary of Terms Used in Reliablity)』 において、「アイテムが与えられた条件で規定の期間中、要求された機能を果たすことができる性質」と定義される。「一定の条件下で、安定して期待される役割を果たすことのできる能力」と定義されることもある。

同様に信頼度 (Reliability) についても定義されており、そちらは「アイテムが与えられた期間与えられた条件下で機能を発揮する確率」とある。

JISにおいては定量的な「信頼度」と定性的な「信頼性」という二つの用語を使い分けされているが、NASAの定義 (SSP 30000 S.9) では、

"Reliability: A characteristic of a system or an element thereof expressed as a probability that it will perform its required function under condition at designated times for specified operating periods. "

とあり、ひとくくりにされている。

概要

簡単に言えば、システムなどの障害や不具合の発生しにくさ、商品やサービスの提供が確実になされている度合いをいう。

信頼性を計る指標や関連する性質として次のものが挙げられる。

  • 故障率 (Failure Rate)
  • 平均故障間隔 (Mean Time between Failures) および 平均寿命 (Mean Time to Failures)
  • 平均修復時間 (Mean Time to Repair)
  • 可用性、稼働率 (Availability)
  • 耐用寿命 (Length of Operating Period)
「情報セキュリティ管理」に属する用語
「セキュリティ」の他の分野
「テクノロジ系」の他のカテゴリ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このページのWikipediaよりの記事は、ウィキペディアの「信頼性」(改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、このページ内の該当部分はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスの下 に提供されています。

© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop