ITパスポート試験 用語辞典

J-CSIP
【Initiative for Cyber Security Information sharing Partnership of Japan】じぇいしっぷ
公的機関であるIPAを情報ハブ(集約点)の役割として、参加組織間で情報共有を行い、高度なサイバー攻撃対策に繋げていく取り組み。参加組織およびそのグループ企業において検知されたサイバー攻撃等の情報をIPAに集約し、情報提供元の承認を得て共有可能な情報とし、参加組織間での情報共有を行っている。
別名:
サイバー情報共有イニシアティブ
分野:
テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ管理
(シラバスver4.0)
重要度:
「情報セキュリティ管理」に属する用語
「セキュリティ」の他の分野
「テクノロジ系」の他のカテゴリ
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop