ITパスポート試験 用語辞典

個人識別符号こじんしきべつふごう
文字、番号、記号その他の符号のうち特定の個人を識別できるもののこと。個人識別符号が含まれるデータは個人情報保護法上の「個人情報」となり、「個人情報」と同様の安全管理が必要となる。

具体的には、運転免許証・パスポート・保険証の番号、住民票コード、マイナンバーなど公的機関による固有の番号が個人識別符号にあたる。また、指紋・静脈・顔・DNAなど貴人の生体情報をデジタル変換したデータも個人識別符号になる。一方で、クレジットカード番号や携帯電話番号、メールアドレスなど民間サービスで使われる番号は個人識別符号には当たらない。ただし、メールアドレスのようにアドレスのなかに会社名や氏名が含まれており個人を特定できる場合などは個人情報にあたる。
分野:
ストラテジ系 » 法務 » セキュリティ関連法規
(シラバスver6)
重要度:
「セキュリティ関連法規」に属する用語
「法務」の他の分野
「ストラテジ系」の他のカテゴリ
© 2009-2022 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop