ITパスポート試験 用語辞典

総勘定元帳そうかんじょうもとちょう
企業会計において、仕訳によって日付順に整理された取引を勘定科目ごとに記帳整理し、決算に必要な基礎資料を提供する役割を果たす帳簿のこと。
分野:
ストラテジ系 » 企業活動 » 会計・財務
(シラバス外)
重要度:

(Wikipedia 総勘定元帳より)

総勘定元帳(そうかんじょうもとちょう)とは、勘定科目ごとに全ての取引を記載する勘定口座を集めた会計帳簿である。単に元帳とも呼ぶ。仕訳帳とともに主要簿を構成する。総勘定元帳には仕訳帳からすべての取引が転記され、期末には、総勘定元帳から、貸借対照表、損益計算書が作成される。

勘定科目は次のいずれかの区分に分類される。

  1. 資産
  2. 負債
  3. 資本
  4. 収益
  5. 費用
  6. 利益
  7. 損失
「会計・財務」に属する用語
「企業活動」の他の分野
「ストラテジ系」の他のカテゴリ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このページのWikipediaよりの記事は、ウィキペディアの「総勘定元帳」(改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、このページ内の該当部分はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスの下 に提供されています。

© 2009-2021 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop