ITパスポート試験 用語辞典

CDN【Contents Delivery Network】しーでぃーえぬ
主にWebシステムにおけるコンテンツ配信を高速化するために、最適化された配信環境のこと。ユーザから近い位置にあるキャッシュサーバの活用や負荷分散、ルーティングの工夫でネットワーク負荷を低減しユーザにより速くコンテンツを届けることを目的としている。
分野:
ストラテジ系 » ビジネスインダストリ » ビジネスシステム
重要度:

(Wikipedia コンテンツデリバリネットワークより)

コンテンツデリバリネットワーク(Contents Delivery Network, CDN)とは、Webコンテンツをインターネット経由で配信するために最適化されたネットワークのことである。コンテンツ配信網とも。

90年代以降ネットが一般に普及するにつれ、大手サイトからのリンクやテレビといった他メディアからのリンクにより、通常想定されていない大量のユーザーがサイトへ集中し、反応が遅くなったり、まったく応答不能になること(フラッシュクラウド効果)が多くなってきた。このような現象に対処する場合、サーバを一ヶ所だけに置くのではなく、地理的・バックボーン的に分散させるのが効果的である。同一のコンテンツを多くのサーバでミラーする手段としては、単純なDNSラウンドロビンから、P2P、地理情報を加味した複雑な配信技術までさまざまなものがあり、研究、実用化がなされている。

CDNを用いることにより、Webのみならず、大容量アプリケーション、音楽、動画の配信やオンラインゲームといったブロードバンドのコンテンツを配信することが安定かつ低コストで行えるようになる。そのためビジネス分野において注目されている。

著名なCDNサービス

商用CDN

世界市場シェア順
  • Akamai Technologies
  • Limelight Networks
  • CDNetworks
  • EdgeCast Networks

商用CDN(P2Pベース)

  • BitTorrent

学術研究CDN

  • Coral Content Distribution Network - ニューヨーク大学によるオープンソース実装
  • FCAN / TENBIN - DNS分散技術のTENBINはRing Server Projectで用いられている
「ビジネスシステム」に属する用語
「ビジネスインダストリ」の他の分野
「ストラテジ系」の他のカテゴリ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このページのWikipediaよりの記事は、ウィキペディアの「コンテンツデリバリネットワーク」(改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、このページ内の該当部分はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスの下 に提供されています。

© 2009-2021 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop