ITパスポート試験 用語辞典

SDN【Software Defined Networking】
ソフトウェア制御による動的で柔軟なネットワークを作り上げる技術全般を表す。SDNを用いると、物理的に接続されたネットワーク上で、 別途仮想的なネットワークを構築するといった柔軟な制御が可能になる。
分野:
テクノロジ系 » ネットワーク » ネットワーク方式
(シラバスver4.0)
重要度:

(Wikipedia Software Defined Networkingより)

Software Defined Networking(ソフトウェア・デファインド・ネットワーキング、SDN)はコントローラと呼ばれるマシンで動作する制御用ソフトウェアにより、物理ネットワークを制御する技術のことである。2008年にカリフォルニア大学バークレー校とスタンフォード大学で研究が開始された。SDNはコントロールプレーンからデータプレーンへのコミュニケーションを必要とし、その通信プロトコルの一つとしてはOpen Flowが存在する。現在は、Open Networking FoundationによってOpenFlow規格の策定とSDNの推進が進められている。

「ネットワーク方式」に属する用語
「ネットワーク」の他の分野
「テクノロジ系」の他のカテゴリ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このページのWikipediaよりの記事は、ウィキペディアの「Software Defined Networking」(改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、このページ内の該当部分はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスの下 に提供されています。

© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop