HOME»ITパスポート用語辞典»ストラテジ系»インターネットトレーディング

ITパスポート試験 用語辞典

インターネットトレーディング
【Internet Trading】
インターネットを利用して株式等の取引をすること。
取引に関する手続きのほとんどを証券会社などが専用に設けたWebサイトから行うため、窓口に出向いて行う取引や電話による取引よりも迅速で、手数料が安い。インターネットトレーディングの普及に伴い、投機的な短期取引で生計を立てる「デイトレーダー」と呼ばれる個人投資家が誕生した。
分野:
ストラテジ系 » ビジネスインダストリ » e-ビジネス
重要度:

(Wikipedia オンライントレードより)

オンライントレード(online trade)とは、インターネット等の電子ネットワークを通じて、株式や投資信託などの金融取引を行うことができるサービス。

概要

広く一般に電子商取引のことを表すこともある。

類似した仕組みのものとしてインターネットバンキング(モバイルバンキング)があるが、こちらはインターネットを通じて銀行預金口座の取引(残高確認、振込など)を行うことである。

もともとは、インターネットを用いた金融商品の取引は、オンライントレードのみならず、イートレード、インターネットトレードなどとも呼ばれていたが、現在ではオンライントレードが好まれて使われている。

なお、銀証連携サービスを利用している場合、オンライントレード経由でインターネットバンキングができるケースもある。

「e-ビジネス」に属する用語
「ビジネスインダストリ」の他の分野
「ストラテジ系」の他のカテゴリ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このページのWikipediaよりの記事は、ウィキペディアの「オンライントレード」(改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、このページ内の該当部分はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスの下 に提供されています。

© 2009-2021 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop