HOME»ITパスポート用語辞典»ストラテジ系»電子マーケットプレース

ITパスポート試験 用語辞典

電子マーケットプレース
【Electronic Marketplace】
Webサイトを通じて、売り手と買い手を結び付ける電子的な取引所のこと。
売り手と買い手が直接取引を行うことによって、商品が中間流通業者を介することがなくなり、両者にとって流通コスト/調達コストを大幅に削減できる利点がある。元々は企業間での電子商取引(B2B)の場として発展してきたが、個人でも出品・購買が可能なサービスも登場している。
分野:
ストラテジ系 » ビジネスインダストリ » e-ビジネス
重要度:

(Wikipedia マーケットプレイスより)

マーケットプレイスとはインターネット上に存在する物の売り手と買い手が自由に参加できる取引市場。個人と企業の双方の参加での取引ができる。これは多くの企業間での電子商取引(B2B)を実現させるもので「e-マーケットプレイス」とも呼ばれている。現在はあらゆる産業がここで仕入れており、自動車部品や鉄鋼や建築素材などの調達までも行われている。マーケットプレイスが登場するまではネット上では一対多での取引が行われていたが、これの登場から不特定多数の多対多の取引が可能となり、従来よりも調達コストが抑えられるようになった。中間流通業者や新規開拓や営業を削減できたり、在庫管理が容易になるという点でもコストを削減できるようになった。

「e-ビジネス」に属する用語
「ビジネスインダストリ」の他の分野
「ストラテジ系」の他のカテゴリ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このページのWikipediaよりの記事は、ウィキペディアの「マーケットプレイス」(改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、このページ内の該当部分はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスの下 に提供されています。

© 2009-2021 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop