ITパスポート試験 用語辞典

キャズム
キャズム(Chasm)とは「溝」を意味し、新商品などのイノベーションが普及する際に乗り越えなければならない深い溝のことを示す。

イノベーション理論では、商品購入に対する態度から顧客を、イノベーター、アーリーアダプター、アーリーマジョリティ、レイトマジョリティ、ラガードに分類する。たとえ、イノベーターとアーリーアダプターで構成される初期市場で受け入れられても、アーリー・マジョリティやレイト・マジョリティ・ラガートで構成されるメイン市場でブレイクするのは非常に難しい。キャズムは、イノベーションの普及に関して初期市場とメイン市場の間に存在する、容易に越えられない障壁を比喩した言葉である。
分野:
ストラテジ系 » 技術戦略マネジメント » 技術開発戦略の立案・技術開発計画
重要度:

(Wikipedia キャズム (書籍)より)

キャズム』(原題: Crossing the Chasm: Marketing and Selling High-Tech Products to Mainstream Customers 「深淵を越えて: 主流顧客を対象としたハイテク製品の市場調査と販売」)は、のハイテクマーケティングについての著書。1991年発売。ISBN 4798101524。

概要

エヴェリット・ロジャーズによる普及学("Diffusion of innovations model")をテクノロジー企業の成長戦略に具体化し適用した事例を述べている。注意すべきことに、ロジャーズによるオリジナルの拡散モデルは殊にテクノロジーに限って述べているわけではなく、ロジャーズ自身は人類学や農村社会学での研究から「拡散モデル」を発見している。つまり、ロジャーズの普遍的な学術研究をテクノロジー企業に当てはめた実用書ととらえるべきである。

マーケティング手法の提案

新しい革新的なIT技術を売り出す際のマーケティング手法を提案している()。

まず購買層を次のように分類する。

  • イノベーター (innovators)
    • 新しい技術が好きで、実用性よりも新技術が好きな人。オタク。
  • アーリー・アドプター (early adopters)
    • 新しい技術によって、競合相手などを出し抜きたいと思っている人々。
  • アーリー・マジョリティー (early majority)
    • 実用主義で役立つなら新しい技術でも取り入れたいと思っている人など。
  • レート・マジョリティー (late majority)
    • 新しい技術は苦手だがみんなが使っているなら自分も使わなければと思う人たち。
  • ラガード (laggards)
    • 新しい技術を嫌い、最後まで取り入れない人々。

それぞれの間に溝があり乗り越えなければならないが、特にアーリー・アドプターとアーリー・マジョリティーの間の大きな溝(キャズム)を乗り越えられるかどうかが、その製品が普及するか、一部の新製品マニアに支持されるにとどまるかどうかの一番の鍵である。

「技術開発戦略の立案・技術開発計画」に属する用語
「ストラテジ系」の他のカテゴリ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このページのWikipediaよりの記事は、ウィキペディアの「キャズム (書籍)」(改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、このページ内の該当部分はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスの下 に提供されています。

© 2009-2021 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop