HOME»ITパスポート用語辞典»ストラテジ系»コーポレートベンチャーキャピタル

ITパスポート試験 用語辞典

コーポレートベンチャーキャピタル
【Corporate Venture Capital】
投資会社ではない事業会社が未上場のベンチャ企業やスタートアップに出資を行うことである。

ベンチャーキャピタルの目的は、株式上場後の売却により利益を得ることであるが、CVCの目的は、自社の事業内容と関連を持つ企業に投資することで、自社事業との相乗効果や事業拡大など、戦略的な投資を目的としている。海外では一般的な手法として定着しており、日本でもCVCの設立が急増している。ベンチャ企業は資金面に加え、事業会社の経営資源の活用や、外部からの信用の獲得などのメリットがあり、事業会社は先進的な技術の獲得、開発コストやリスクの削減など、双方にとって大きなメリットがある。
別名:
CVC
分野:
ストラテジ系 » 技術戦略マネジメント » 技術開発戦略の立案・技術開発計画
(シラバスver5.0)
重要度:
「技術開発戦略の立案・技術開発計画」に属する用語
「ストラテジ系」の他のカテゴリ
© 2009-2021 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop