ITパスポート試験 用語辞典

魔の川
企業や大学の研究所において基礎研究から応用研究の間にある、乗り越えなければならない難関や障壁のことで、デビルバレーとも呼ばれる。基礎研究の成果で得た、新しい技術やアイデアを製品化や事業化する方向性が見出だせず応用研究に進めない状況になることである。

技術経営の分野では、基礎研究から最終的に産業として発展させるまでの産業化までには複数の障壁があるとされ、魔の川のあとには、デスバレー(死の谷)、ダーウィンの海があり、研究開発のフェーズによって使い分けられる。「デスバレー」は、応用研究から事業化・製品化までの障壁を指し、「ダーウィンの海」は、事業化・製品化から産業化までに存在する障壁を指す。
別名:
デビルリバー
分野:
ストラテジ系 » 技術戦略マネジメント » 技術開発戦略の立案・技術開発計画
(シラバスver5.0)
重要度:
「技術開発戦略の立案・技術開発計画」に属する用語
「ストラテジ系」の他のカテゴリ
© 2009-2021 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop