ITパスポート試験 用語辞典

国家戦略特区法こっかせんりゃくとっくほう
「世界で一番ビジネスをしやすい環境を作ること」を目的とし、地域や分野を限定して、規制や制度の大胆な緩和や税制面の優遇を行う規制改革制度を定めた法律である。2013年度に制定され、2014年5月に最初の区域が指定された。2021年6月現在、10区域が指定されている。
地方公共団体または事業の実施主体となる民間事業者から提案され、一定の審査のうえ認定される。単独での提案だけではなく、複数の主体による共同での提案もできる。例えば、後継ぎ不在で荒れ放題の農地が多くあった兵庫県養父市では、今まで認められていなかった民間事業者による農地取得を認め、企業の持っている技術や資金を、耕作放棄地を農地に再生するために活かすことを可能にした。
別名:
スーパーシティ法
分野:
ストラテジ系 » 企業活動 » 経営・組織論
(シラバスver5.0)
重要度:
「経営・組織論」に属する用語
「企業活動」の他の分野
「ストラテジ系」の他のカテゴリ
© 2009-2021 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop