ITパスポート試験 用語辞典

OODAループウーダループ
OODA(ウーダ)は、①Observe(観察)、②Orient(状況判断・方向づけ)、③Decide(意思決定)、④Act(行動)の頭文字を取ったもので、決定と行動に関するフレームワークのひとつ。行動をすると、何らかの結果が返ってくるので、それを再び「観察」することによって次のループに入る。軍事行動における指揮官の意思決定の方法論として始まったが、政治、ビジネスなど広範な領域で適用できる。

Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Act(改善)から成るPDCAサイクルと似ているが、現状の観察を出発点としているところ、また、計画を立てることよりもやってみることを強調している点が異なる。常に変化していく状況の中で、現状から最善の判断を行い、即座に行動を起こすことを何度も素早く繰り返すことで、優位な立場に立つことを目的としている。
分野:
ストラテジ系 » 企業活動 » 経営・組織論
(シラバスver5.0)
重要度:
「経営・組織論」に属する用語
「企業活動」の他の分野
「ストラテジ系」の他のカテゴリ
© 2009-2021 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop