ITパスポート試験 用語辞典

第4次産業革命
第4次産業(医療や情報通信、教育サービスなどの製造業)のコンピュータ化、自動化により飛躍的な生産性の向上や効率化が図られることである。IoTであらゆる「もの」がインターネットで繋がり、ビッグデータの活用やAIによる自動化により、製造業での革新が期待される。
2011年、世界で初めてドイツが国家プロジェクトとしてIoTの普及を宣言したことで、世界的に第4次産業革命への注目が高まり、日本では総務省がIoTの普及を推進している。「インダストリー4.0」とも言われる。第4次産業革命の目標の一つとして、企業のスマートファクトリー化がある。最近では、第5次産業革命という言葉も登場しはじめている。
分野:
ストラテジ系 » 企業活動 » 経営・組織論
(シラバスver5.0)
重要度:
「経営・組織論」に属する用語
「企業活動」の他の分野
「ストラテジ系」の他のカテゴリ
© 2009-2021 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop