HOME»ITパスポート用語辞典»ストラテジ系»セグメントマーケティング

ITパスポート試験 用語辞典

セグメントマーケティング【Segment Marketing】
対象市場を分割(セグメント化)し、それぞれのセグメントに適したマーケティングを行うこと。
従来は大量生産・大量販売・大量プロモーションを前提とした画一的なマーケティング方法(マスマーケティング)だったが、昨今の人々のニーズが多様化していく中で、各セグメント向けに、それぞれのニーズにあった製品・販売・プロモーションを行う。
別名:
ターゲットマーケティング
分野:
ストラテジ系 » 経営戦略マネジメント » マーケティング
出題歴:
25年秋期問22 
重要度:

(Wikipedia STPマーケティングより)

STPマーケティングとは、効果的に市場を開拓するためのマーケティング手法の事。マーケティングの目的である、自社が誰に対してどのような価値を提供するのかを明確にするための要素、「セグメンテーション」「ターゲティング」「ポジショニング」の3つの頭文字をとっている。フィリップ・コトラーの提唱した、マーケティングの代表的な手法の一つ。

セグメンテーション(segmentation、セグメント化)
市場における顧客のニーズごとにグループ化する、市場をセグメントする。様々な角度から市場調査し、ユーザ層、購買層といった形であぶり出し、明確化していく。簡単に言うと切り口という意味。マーケットセグメンテーションも参照。
ターゲティング(targeting、ターゲット選定)
セグメント化した結果、競争優位を得られる可能性が高い、自社の参入すべき市場セグメントを選定する。選定には、複数のセグメンテーション軸を組み合わせて行なうことが一般的である。その際には、ターゲットの経済的価値(市場規模、成長性)やニーズを分析することが重要である。
ポジショニング(positioning)
顧客に対するベネフィット(利益)を検討する。自らのポジションを確立する。そのためには、顧客のニーズを満たし、機能やコスト面での独自性が受け入れられるかがポイントとなる。

STPマーケティングにより戦略の基本的方向性が定まると、次には4Pにより実際の各個別戦略が策定される。

出題例

ターゲットマーケティングの説明として,適切なものはどれか。
  • 企業活動を個別の価値活動に分解し,各活動の付加価値について分析する。
  • 事業や製品を成長性や市場シェアの観点で分類し,ポジショニングに応じた最適な資源配分を行う。
  • 市場を幾つかのセグメン卜に分割し,少数のセグメントに絞ったアプローチを行う。
  • 商品が市場に導入されて衰退するまでの期間を分割し,各期間に対応した戦略を設定する。

正解

「マーケティング」に属する用語
「経営戦略マネジメント」の他の分野
「ストラテジ系」の他のカテゴリ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このページのWikipediaよりの記事は、ウィキペディアの「STPマーケティング」(改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、このページ内の該当部分はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスの下 に提供されています。

© 2009-2021 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop