HOME»ITパスポート用語辞典»ストラテジ系»ワントゥワンマーケティング

ITパスポート試験 用語辞典

ワントゥワンマーケティング
【One to One Marketing】
顧客一人一人の嗜好やニーズに合わせて個別に対応を変化させて展開されるマーケティング活動のこと。市場シェアの拡大よりも、顧客との好ましい関係を築き、長期にわたって自社製品を購入する顧客の割合を高めることに重点を置き、一人の顧客から得られる生涯利益を最大化することを目的としている。
分野:
ストラテジ系 » 経営戦略マネジメント » マーケティング
(シラバス外)
出題歴:
28年春期問29 
重要度:

(Wikipedia ワントゥワンマーケティングより)

ワントゥワンマーケティング(One-to-One Marketing)とは経営学用語の一つ。企業がマーケティング活動を行っていく際に、顧客一人ひとりの趣向や属性などを基とした上で、顧客に対して個別にマーケティングを行っていくという方法である。パーソナライズドマーケティングと同義、パーソナライゼーションとも、ほぼ同義である。なお1to1はPeppers & Rogers Group.の登録商標である。

概要

マスマーケティングという多数をターゲットとする一律のマーケティング手法に対して、顧客一人ひとりを意識したマーケティングを行うこと。製品単体ではなく、提供の仕方やサービスなど、顧客の体験から差別化を図るものである。Don Peppers and Martha RogersによるThe One to One Futureが、この語の原点とされており、過去の個人商店のような顧客との関係を、数百万の顧客と実現するもの、と比喩される。顧客との継続的な関係から顧客生涯価値(Customer Lifetime Value)とROC(Return On Customer)を最大化することがゴールあるいは理想である。

ただし実現のためには顧客の購入履歴や嗜好などの詳細データの収集・保有が必要不可欠となるが、そのデータの収集方法などを巡って、プライバシー侵害など個人情報・パーソナルデータ保護に関する各種問題を引き起こす可能性がある(その危険性を指摘した作品として『マイノリティ・リポート』などが有名)。そのため現場では、リシーの整備や事前公表、顧客情報の利用に関する事前同意の取得など、個人情報保護法等の法律に則った運用が求められる。

出題例

一人一人のニーズを把握し,それを充足する製品やサービスを提供しようとするマーケティング手法はどれか。
  • ソーシャルマーケティング
  • テレマーケティング
  • マスマーケティング
  • ワントゥワンマーケティング

正解

「マーケティング」に属する用語
「経営戦略マネジメント」の他の分野
「ストラテジ系」の他のカテゴリ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このページのWikipediaよりの記事は、ウィキペディアの「ワントゥワンマーケティング」(改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、このページ内の該当部分はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスの下 に提供されています。

© 2009-2021 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop