ITパスポート試験 用語辞典

プッシュ戦略ぷっしゅせんりゃく
流通業者に何らかのインセンティブ(主に経済的メリット)を提供することで、自社製品を強力に販売させ、消費者に商品を提供する経営戦略。
マーケティングミックスの4Pの一つであるプロモーション戦略の1つである。
分野:
ストラテジ系 » 経営戦略マネジメント » マーケティング
出題歴:
24年秋期問26 
重要度:

(Wikipedia プッシュ戦略より)

プッシュ戦略(プッシュせんりゃく)とは商学用語の一つで、メーカーが自社の製品の販売を有利にするために販売者に対して働きかけるという経営戦略である。

具体的にはメーカーから販売店に説明員や店員を派遣したり、景品や資金を供与したり、その他サービスの提供が行われている。このことからメーカーは商業者の持つ影響力と連動するということで、消費者に対して自社の商品の販売を推し進めている。パナソニックは伝統的に全国にパナソニックの専門店を持つというプッシュ戦略を行ってきた。

プッシュ戦略の対義語としてプル戦略がある。

出題例

マーケティングミックスの4Pの一つであるプロモーションの戦略には,プッシュ戦略とプル戦略がある。メーカの販売促進策のうち,プル戦略に該当するものはどれか。
  • 商品知識やセールストークに関する販売員教育の強化
  • 販売員を店頭へ派遣する応援販売の実施
  • 販売金額や販売量に応じて支払われる販売奨励金の増額
  • 販売店への客の誘導を図る広告宣伝の投入

正解

「マーケティング」に属する用語
「経営戦略マネジメント」の他の分野
「ストラテジ系」の他のカテゴリ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このページのWikipediaよりの記事は、ウィキペディアの「プッシュ戦略」(改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、このページ内の該当部分はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスの下 に提供されています。

© 2009-2021 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop