ITパスポート試験 用語辞典

マトリックス図【Matrix Chart】
分析対象となる要素を要素を行と列から構成された二元表に配置し、行と列との交点に関連度合いを数値指標(10段階評価など)や記号(〇・△・×など)などの定性的な情報で記入する。対策と評価項目、現象と原因と発生工程、など要素間の関連度合いを検討する場合に用いられる。

それぞれの要素を行と列にどのように配置するかによって、L型(2要素を配置)、T型(2つのL型を重ね3要素を配置)、X型(4要素を十字に配置)などがある。
 製品A製品B製品C製品D
デザイン性×
機能×
価格×
分野:
ストラテジ系 » 企業活動 » 業務分析・データ利活用
(シラバスver6)
重要度:
「業務分析・データ利活用」に属する用語
「企業活動」の他の分野
「ストラテジ系」の他のカテゴリ
© 2009-2022 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop