ITパスポート試験 用語辞典

第2種の誤り
仮説検定においてテストの状態と実際の状態が異なる過誤の種類を表す言葉であり、帰無仮説(証拠を無に帰するような説)が実際には誤りであるにもかかわらず、正しいと判断され採用してしまう過誤のこと。このとき、本来導きたい対立仮説は正しいにもかかわらず、間違いとして判断されてしまう。

第2種の誤りが起きる確率βは、母集団から取り出すサンプルサイズが大きいほど小さくなる。また1−βを検出力と呼ぶ。
別名:
偽陰性
分野:
ストラテジ系 » 企業活動 » 業務分析・データ利活用
(シラバスver6)
重要度:
「業務分析・データ利活用」に属する用語
「企業活動」の他の分野
「ストラテジ系」の他のカテゴリ
© 2009-2022 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop